FC2ブログ

トルクレンチ  メンテナンス トルクチェック

今年もあと45日ほどです。。。




一年がちょ~早いですね

やりたい事も山積みですが、沢山のホイール修理ご依頼も頂いておりますので、まずはお仕事優先ですが、このまま来年になってしまいそうです(苦笑)























たまには工具の事でも







アームズの職人もそれなりに工具は持っております。




レースをやってた頃や、メカニックをしてた頃に必要な物を少しずつ揃えてきました








今現在でも、バリバリ使ってるのが、トルクレンチです。






2014_10_000127000012432.jpg


5本持っておりましたが、一本はトルク不良、調整不可で処分して、現在4本体制です









エンジンを組んだり、重要部品の組み付けには欠かせない工具です。




最近では、輸入工具のトルクレンチが随分と安く手に入るようですが、アームズの職人は25年ほど前から、日本製のトルクレンチをチョイス致しております



ホイールでは、3ピースや、2ピースホイールの組み付けには必需品です











何年か前にキログラム表示から、ニュートン表示に変わりましたが、私の工具は25年選手ですので、一本を除き、未だに
キログラム表示です。。。








使い慣れてる単位ですので、新しい単位に脳内変換です


2014_10_000127000012435.jpg







レースをやってる時、毎日エンジンを組ませてもらった、大垣の尊敬する大先輩には今でもとても感謝です!







2014_10_000127000013256.jpg






そんなトルクレンチ、知らない方も多いようですが、定期的なトルクチェックが必要です







精密機器ですので、校正をやらないと、何の意味もありません。



一年に一回は正確なトルクで締め付けているか、メーカーにてチェックです














安い工具では、新品の状態の精度もアテになりませんが、国産のトルクレンチは流石に精確ですから、精度は維持したいですね










そんな訳で、メーカーでチェック、調整した愛用のトルクレンチが一本、校正から戻ってきました。








メーカーの方から、キログラム表示ですし、そろそろ新しいタイプに変えられたらどうですか? っとまたまた言われましたが、まだまだバリバリ使えるので、もう少し使いますとご返答いたしました(笑)





2014_10_000127000013257.jpg







大事に使えば、20年以上は軽くもちますね







復活です






2014_10_000127000013254.jpg


因みにトルクチェック料金は、2、3回出すと新品が買えちゃうかも(苦笑)

愛着のある工具ですので、私は大事に使う派です









トルクレンチ、ちゃんと使えてない業者さん、よくお見受けいたします。

精密工具ですので、お金はかかりますが、定期的な校正、丁寧な取り扱いは必要ですね













お付き合い、ありがとうございました。







※最近、ホイールの締め付けトルクに関して、お問い合わせを多く頂きますが、ボルトの形状、ピッチ、劣化度など、回転部の安易な締め付けトルク管理は、緩み、破損など大変危険です。

私は、レース、メカニックの経験から、その都度適正トルクを考えての管理をいたしております。
よってお問い合わせいただきましても、適正トルク等は一切お答えいたしかねます。ご了承下さいませ





























岐阜、愛知、一宮、大垣、各務ヶ原で アルミホイール修理、修復、リペア、ハイパー塗装、修正、変形、補修、曲がり、欠け、ガリ傷、歪み、凹み、クラック、割れ、アルマイト処理、ハブ径 変更 拡張、拡大加工、スパッタリング、クロームメッキ、再メッキ、ダイヤモンドカット、カラーチェンジ、色替え、レストア、リフレッシュ、再生、アルミ溶接等のご相談は、


創業20年の実績、信頼の、


岐阜のアルミホイール修理 リペア専門店
アームズ
まで、 お気軽にご相談下さいませ













アルミホイール修理、修復 リペアを岐阜、一宮、大垣周辺でお探しなら、 
ホイール修理、リペアの専門店 岐阜 アームズまで♪ 

ARMS
TEL 058-240-1333






ブログランキングに参加しています★
↓のバナーを、ポチッ!っとお願いいたします!

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

特殊工具?!で修理?  交換

今日は、一日雨模様でしたね
夕暮れから、やっと回復



結局今日も仕事を含め、やらないといけない事が山ほどです。。。



仕事の段取りをある程度つけて・・・












特殊工具の加工と修理交換をブログへ・・・











これ、何に使う工具か分かります?









2013_09_00006470000.jpg





一発で分かった人は、その道のプロでしょうね










ごっついスパナです。。。













そうです、生活する上で絶対必要な、水周りに使う、専用の工具なんです

水詮は奥まったとこにあるので、通常工具では入りません。。。









ご覧の皆様も一度は経験した事があるかもしれませんが、自宅の洗面所の混合水詮から、水漏れを起こしていましたので、職人が修理する事になりました。ハイ。。。






そんなの、「水道トラブル○×△□円・・・♪」とかに頼めばいいじゃん。。

って思うかもしれませんが、そこは私も職人、自分でやっつけます









まずは水漏れの原因を特定します。(これが一番大事ですね)







どうやら、ジャバラ部分の付け根からのようです。コストを抑える為に、部品交換でと思いまして、水道関係の業者さんへ伺い、パーツリストを見せていただきます。(20年以上前の、むか~~しむかし、水道関係に努めていた頃がありまして、その時お世話になった会社の皆さまや取引き会社の方々見が、大変親切にお力をくれました









しかーし、部品代が高い






使用年数から考えて、いずれ他部分からの水漏れも予測されますので、アッセンブリー交換とそんなに変わらない値段とを考慮して、某有名メーカーの混合水詮へ交換する事にします。





混合水詮も多種多様ですので、洗面台に会うタイプを探すのに一苦労です。





流石に、この特殊工具は、私ももってなかったので、調達しましたが、水詮メーカーによってナット径が違い、種類の多い事・・・

そして、精度の悪いこと・・・

溶接のヒズミで、スパナ開口部の寸法が僅かにておりませんので、樹脂ナットにかかりません。。。
返品交換も考えましたが、時間もないので、削って処理します











やっと外れました








2013_09_0000610470001.jpg









手早く、新しい混合水詮へ交換します。

念の為、水漏れがないか、各部を点検して、完了です









オマケで、キッチン廻りの、水詮も検査すると、ゆるみ、水受けの取り付けいち、超テキトーに取り付けてあります。。。施工業者さんの中にも、いい加減な業者さんが居るようなんで、注意したいですね。

水漏れ受けの位置も序でに変更して、増し締めして完了です







この奥まったとこに、水詮本体のナットがあります


2013_09_00006810370000.jpg



ちなみに、工具代を入れても、通常修理代と比べるて、三分の一位でした。

水道屋さん、もうかりまんなぁ~(笑)










ホイールトラブル 8000円♪

水道トラブル5000円♪・・・・




アルミホイールの修理専門店ですが、水道トラブルもアームズへお任せ下さい!   なんちゃって~(笑)


(水道トラブルは出張修理いたしませんので、悪しからず。。。念の為(苦笑)









岐阜で アルミホイール修理、リペア、修正、補修、曲がり、欠け、ガリ傷、歪み、アルマイト処理、スパッタリング、クロームメッキ、再メッキ、ダイヤモンドカット、カラーチェンジ、ハイパー塗装、レストア、再生等のご相談は、

創業19年の実績、信頼の、
岐阜のアルミホイール修理専門店 アームズまで、
お気軽にご相談下さいませ















ホイール修理を岐阜周辺でお探しなら、 ホイール修理の専門店 アームズまで♪ 

ARMS
TEL 058-240-1333

ブログランキングに参加しています★
↓のバナーを、ポチッ!っとお願いいたします!

コンビネーションレンチ


たまには工具の記事でも








レースをやっていた頃や、車のエンジンを触っていた頃、メカニックもこなしてた私の必需品だったのが、コンビネーションレンチ




スパナとメガネレンチが合体した物








メーカー、大きさ、種類も様々ですが、現在も使ってるのが、この三種類です












2013_05_000667898.jpg









まずはスタビレーのコンビ。


Made in Germany






ザラっとした質感ですが、持った感じは柔らかな感じです。





ロングタイプを20年愛用していますが、固く締まったナットを緩める時の「しなり」が大事とレースをやってる時の師匠から教わりました










2013_05_000667899.jpg









おなじみのスナップオンです

Made in U.S.A


メッキが美しいですね~


ツルツルでとても固い感じ。。

OILまみれの手にはあまり馴染まないです。。。





持つ部分が薄く作られていますので、固いボルトを緩める時は痛い?!







工具箱とラチェット以外は、スナップオンをあまり持っていないのですが、スパナ部形状がなめにくいタイプの、このコンビだけ持ってます









2013_05_000667900.jpg










そして、KTC (京都ツール)


Made in 日本!



やっぱり最初は、日本製のKTCからですかね~



作りが頑丈っぽい、スタンダードなタイプ。




昔はトヨタの純正TOOLだったと思います。KYOTTO TOOLの変わりに、TOYOTA MOTORってロゴが入ってました。(今でもそうなのでしょうかね?)




これも20年選手




2013_05_000667901.jpg








因みにこのタイプのスパナ部の厚みはほぼ同じです。



勿論、もっと薄いタイプもあります




左から、スナップオン、KTC、スタビレ。




2013_05_000667902.jpg














私がもっとも使ったのは、スタビレーのロングタイプと、KTCのスタンダードタイプのコンビを1セット。

いつも現場で活躍してくれてました




他にもレーシングカートのメカニックをしてた時に、エンジンを固定するボルトの調整に欠かせなかったのが、ショートタイプのコンビ。

MACのを使ってましたが、ドライバーの人にあげちゃいました












そんでもって、私が使った中で、もっともBESTかなって思うのは、スタビレーですかね








2013_05_000667903.jpg





でも、あくまで個人的な感想ですので、要は好みですが





レースをやっていた頃に比べたら、最近は使う機会も随分と減りましたが、まだまだガンガン使いますよ










岐阜で アルミホイール修理、リペア、修正、欠け、ガリ傷、歪み、再生等のご相談は
創業18年、実績、信頼のアルミ修理の専門店、アームズまで、お気軽にご相談下さいませ ブログランキングに参加しています★
↓のバナーを、ポチッ!っとお願いいたします!

プロフィール

アームズの職人

Author:アームズの職人
岐阜でアルミホイール修正 リペア 修理の専門店「アームズ」をはじめて、20年以上が経ちました。

アルミホイール修理 20年以上
溶接 25年以上
塗装 20年以上
修正 20年以上

年齢65歳(嘘)

2輪レース、A級ライダーにて全国転戦後、レーシングカートのメカニックとして、世界グランプリ、全日本選手権に参戦、貴重な経験を積ませていただきました。
4輪では、某雑誌主催の耐久レースで、先輩と共にハチロクで優勝、ハチロク好き。

自動車修理、鉄工所、塗装工、溶接屋、水道屋、ホテルフロントマン、カメラマンなど数多くの職種を経験後、アームズを20年以上前に開業。

過去掲載誌
モト・メンテナンス 
ライディングスポーツ
プレジデント
週刊現代
旅雑誌、対談
他、マニア誌

アルミホイール リペア、修正 修理 職人一筋

設備
ホイール修正機
最新型アルミ溶接機
アームズオリジナル 切削 ポリッシュマシン
大型ブラスター
大型ブース
旋盤
フライス
粉体塗装設備
焼付け釜
他、特殊装置、機器

現在、岐阜、他県からを含め、多くの個人のお客様、メーカー様、ディーラー様、タイヤショップ様、自動車屋様など、沢山のお客様から修理品のご依頼を頂いております。

星の数ほどアルミホイールを修理してまいりましたが、初心を忘れず丁寧なお仕事を日々心がけ、これからも精進してまいりたいと思います。

アームズの職人


お問い合わせはこちらへ↓
〒501-6013
岐阜県羽島郡岐南町平成4丁目44
058-240-1333

アクセスMAP 画像添付メールは↓
https://arms-eng1995.com/

ブログランキングに参加してます
頑張ってま~す!

FC2Blog Ranking

最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
著作権について
※当ブログ内の画像・文章などの著作権は管理者に属します。無断使用は固くお断りします。
メールでのお問い合わせ
ご住所、お名前、お電話番号を、必ずご記入下さい。 (メールでのお問い合わせは、返信にお時間がかかる場合が御座います。また、ご住所、お名前、ご連絡先の記入無き場合は、返信出来ない場合が御座います。)

名前:
メール:
件名:
本文: