FC2ブログ

ダイナブック CPU交換 AX53D ①







熊本は相変わらず余震が続いているようです。。。





大分でも地震が増えてるようです。。。震源が、中央断層帯に沿って、東へ移動してるとの報道もあります。

更に大きな被害がなければ良いのですが・・・


































先日、記事にさせて頂きました、お世話になってる先輩から譲っていただきました、ノートパソコン 「ダイナブック」








壊れたキーボードを無事に交換後、サクサク使えるようになりましたが、、


折角ですので、更に快適に使えるように、パワーアップ改造する事にします





とは言っても、10年も前のパソコン、どこまでのCPUが積めるのか分かりませんので、手探り足探り、、いろいろ調べて、取りあえず、「Intel Core 2 DUO」へ換装する事にします







現状は、

Intel Celeron M 530 シングルコア

スタンダードタイプの、ノートPC向けのCPUです。

普通に使うなら問題ないレベルとは思いますが、当時のハイグレードCPUも安く手に入るようになりましたので、交換しちゃいます。




とは言っても、同じデュアルコア Core2 CPUの種類も豊富で選択に迷います



買って動かない場合もありますし、全て自己責任~






そんなリスクを出来るだけ回避する為に、ダイナブック AX53シリーズの上位モデルに搭載されているCPUなら、BIOSも対応している可能性が高いので、今回は取りあえず、Core2 Duo T5500 をチョイスする事にします




CPUの価格は、中古の動作保証のあるもので600円 也

安っ~~!




2006年くらい?の発売当時はそれなりにしたと思いますが、、PCの進化はまだまだ途上ですので、数年立てば中古パーツも激安ですね












さて、換装するCPUも用意出来ましたので、パソコン本体を分解していきます。


2016_0417_ax53d_39092.jpg





本体裏側の外せるパーツは全て外していきます。。。







HDD、メモリーも外しちゃいます





2016_0417_ax53d_39093.jpg






メモリーは 512MB×2 です。




HDDは、2.5インチタイプ、ベイ付きのまま取り外せます






2016_0417_ax53d_39094.jpg







表側もキーボードを含め、外せるものは外しておかないと、CPUまで辿りつけないようです







2016_0417_ax53d_39096.jpg





マザーボードに辿り着く為に、邪魔になりそうなんで、液晶パネル部も外していきます~~






コネクタを抜きます。。



2016_0417_ax53d_39097.jpg




こちらの押し込みタイプの配線も外します。。








ちっこいギボシですな~~



2016_0417_ax53d_39098.jpg







表側パネルを外すには、タッチパネル部も同じ部分なので、こちらのフレキケーブルも外します






2016_0417_ax53d_39099.jpg






液晶モニターは、コネクタ配線と2本の小さなギボシでついている配線が繋がっているだけでしたので、後は液晶自体が、左右4本のネジで止まっておりますので、慎重に外します







スピーカー上部にあるネジですね

2016_0417_ax53d_39100.jpg







これでモニターが、本体と分割されます







2016_0417_ax53d_39101.jpg






プラスチックカバーの爪を折らないように、表のカバーを外していきます~












これでマザーボードが露出しました~

2016_0417_ax53d_39102.jpg




メンテ性悪くて、めんどくさそ~ですね~~









仕事の合間を縫ってやっておりますので、取りあえず、今日はここまでにしときます









つづく~~

(時間ある時にまた続きやります~)
























アルミホイール修理 岐阜 
岐阜、大垣、羽島、各務ヶ原、関市、愛知、一宮で アルミホイール修理、修正、修復、repair、リペア、ハイパー塗装、蛍光カラー、内側リム、修正、変形、補修、曲がり、欠け、ガリ傷、歪み、凹み、クラック、ひび割れ、ポリッシュ、アルマイト処理、ハブ径 変更、拡大加工、スパッタリング、クロームメッキ、再メッキ、ダイヤモンドカット、カラーチェンジ、色替え、レストア、リフレッシュ、再生、アルミ溶接等のご相談は、


創業22年、実績、信頼、岐阜県の実績No1☆の、


岐阜アルミホイール修理 リペア専門店
アームズ
まで、 お気軽にご相談下さいませ













アルミホイール修理、修復 Wheel Repair 岐阜、各務原、一宮市、大垣市周辺でお探しなら、 
ホイール修理、修正、リペアの専門店 岐阜 アームズまで♪ 

ARMS
TEL 058-240-1333


〒501-6013  岐阜県羽島郡岐南町平成4-44





ブログランキングに参加しています★
↓のバナーを、ポチッ!っとお願いいたします!

関連記事

テーマ : パソコン修理・サポート
ジャンル : コンピュータ

Core2DuoデュアルコアCPU

プロフィール

アームズの職人

Author:アームズの職人
岐阜でアルミホイール修正 リペア 修理の専門店「アームズ」をはじめて、25年以上が経ちました。

アルミホイール修理 25年以上
溶接 25年以上
塗装 25年以上
修正 25年以上

年齢65歳(嘘)

2輪レース、A級ライダーにて全国転戦後、レーシングカートのメカニックとして、世界グランプリ、全日本選手権に参戦、貴重な経験を積ませていただきました。
4輪では、某雑誌主催の耐久レースで、先輩と共にハチロクで優勝、ハチロク好き。

自動車修理、鉄工所、塗装工、溶接屋、水道屋、ホテルフロントマン、カメラマンなど数多くの職種を経験後、アームズを20年以上前に開業。

過去掲載誌
モト・メンテナンス 
ライディングスポーツ
プレジデント
週刊現代
旅雑誌、対談
他、マニア誌

アルミホイール リペア、修正 修理 職人一筋

設備
ホイール修正機
最新型アルミ溶接機
アームズオリジナル 切削 ポリッシュマシン
大型ブラスター
大型ブース
旋盤
フライス
粉体塗装設備
焼付け釜
他、特殊装置、機器

現在、岐阜、他県からを含め、多くの個人のお客様、メーカー様、ディーラー様、タイヤショップ様、自動車屋様など、沢山のお客様から修理品のご依頼を頂いております。

星の数ほどアルミホイールを修理してまいりましたが、初心を忘れず丁寧なお仕事を日々心がけ、これからも精進してまいりたいと思います。

アームズの職人


お問い合わせはこちらへ↓
〒501-6013
岐阜県羽島郡岐南町平成4丁目44
058-240-1333

アクセスMAP 画像添付メールは↓
https://arms-eng1995.com/

ブログランキングに参加してます
頑張ってま~す!

FC2Blog Ranking

最新の記事
RAYS TE37SL ホイールリムの傷修理|犬山市のお客様より 2020/09/30
WORK Lanvec LM1(ランベック) 20インチ リム曲がりと削れ修理|美濃加茂市から 2020/09/29
DUCATI 999 S (ドゥカティ) アルミサイドスタンド 修理 溶接加工|東京都から 2020/09/27
西尾市 アルミホイール修理|SSR TYPE-C 曲がりと歪み修正 修理 2020/09/26
羽島市 ホイールの修理|RAYS TE37 SAGA ガンメタ 傷補修 2020/09/25
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
著作権について
※当ブログ内の画像・文章などの著作権は管理者に属します。無断使用は固くお断りします。
メールでのお問い合わせ
ご住所、お名前、お電話番号を、必ずご記入下さい。 (返信に少々お時間がかかる場合が御座います。また、ご住所、お名前、ご連絡先の記入無き場合は、返信出来ない場合が御座います。) 写真を添付される方は、本文中の「アクセスマップ、画像添付メールは」のリンク https://arms-eng1995.com/ をクリックして頂きましたら、地図と共にメールアドレスが記載されております。ご確認下さいませ。☆

名前:
メール:
件名:
本文: